医師転職ガイドイメージ

HOME 医師転職 将来の事を考えた医師転職

  1. 将来の事を考えた医師転職
  2. 開業を考えた医師転職
  3. 産婦人科の医師転職は売り手市場です
  4. 泌尿器科の医師転職時に気をつけたいこと
  5. 医師転職先で指定医を目指す
  6. 医師転職はなかなか時間がない

将来の事を考えた医師転職

目先の事ばかりではなくて、将来の事まで考えて医師転職をしたいという人もいます。

確かに、自分が医師として学びたいと思う技術が現在の職場ではどうしても学ぶ事が難しいという場合には、医師転職をして学べる環境に身を置くというのもいいかと思います。

しかし、医師転職は何度も繰り返し行うのは難しいと考えられますので、目標をはっきりとさせて転職をする人もいるでしょう。

医師転職は時として、大きなチャンスに恵まれる事もあるでしょう。

自分は医師としてもっと成長したいと考えている人は、医師転職を視野に入れてみるのもいいかもしれませんね。将来の事について、若い間から考えておくのもいいでしょう。

開業を考えた医師転職

先の事について考えると、勤務医として働き続けるのではなくて、開業医になりたい人が、すぐに開業するには自信がないので、医療の現場で学びたいという事で医師転職を行う人もいます。

開業を考えた医師転職をする人は多い様で、その場合には医院内でキャリアアップをする分けではなくて、開業に活かせる知識やノウハウ、もしくは技術を習得できる医療機関に医師転職をしたいと考える人が多い様です。

開業支援を行ってくれる病院に医師転職をする事ができれば、開業医を目指す人にとっては最高の環境と言えるのではないでしょうか。

また、何度か医師転職を行う事によっていろんな職場での仕事を経験できるでしょう。

産婦人科の医師転職は売り手市場です

医師転職において産婦人科は非常に売り手市場といえます。産婦人科医不足はマスコミの報道しているように、仕事の負担と訴訟リスクなどから若い人たちが敬遠する科の一つとなってきており、深刻な人手不足の状況に陥っています。

逆に、医師転職を考えている人にとって、特にある程度の経験を積み分娩にも慣れてきたドクターにとっては非常に有利な売り手市場です。

希望の勤務形態や当直の希望、あるいは給料の面など多くの病院で交渉の余地があるでしょう。

日本の周産期医療の担い手の不足は日本の将来を危うくしかねない事態です。転職活動の中でワークシェアリングのシステム構築などの交渉により、よりよい労働環境を得られるようにすることで医師だけでなく患者への利益も生むことができるでしょう。

泌尿器科の医師転職時に気をつけたいこと

泌尿器科は、総合病院や大学病院などの比較的大きな病院が取り扱っているケースが多く、そうした病院に医師で転職をしたい場合には、比較的スムーズに求人が見つかるでしょう。

ですが、小規模の病院を希望する場合や、シャント手術の経験、知識、人工透析における透析の解析技術が乏しい場合では、医師転職が難しいケースもあります。

そのため、応募条件が一般的な求人と比べて、厳しくないものであれば、泌尿器科の医師転職を図る応募者からの応募も殺到しがちですので、転職を希望されている方は、人工透析やシャント手術などの経験、技術をしっかりと身に付けてから、転職活動をされると良いでしょう。

医師転職先で指定医を目指す

現在年齢層問わず急増している精神疾患は、今後ますます急増する高齢者の認知症患者も含め様々な機関で精神科医の需要がたかまっています。

病院や高齢者施設以外にも、学校や企業の取り組みとして、精神科医のサポートが必要とされています。科目を問わないこともあり、特に内科や外科、皮膚科からの転科なら、高齢の認知症患者への応用範囲が広くなるため、医師転職でこれまでのキャリアをいかすことができます。

さらに精神科への医師転職を有利にするのが、指定医の資格です。この資格があるだけで、年間所得が100万から200万と大きな差でますから、今後を見据えて、この資格を取得できる医療機関の情報を収集しておくことも大切です。

医師転職はなかなか時間がない

多くの医師が、時間がないと嘆いている問題があります。転職をしたいのに時間が確保できず、結構待たされているのです。医師転職のためにサイトがオープンしていますが、使っていくのはかなり難しくなり、待っている間に求人がなくなる問題も出ています。

色々な問題を考えないと、トラブルが起きてしまいますから、簡単に転職できるわけでもありません。とにかく安心して働ける場所を探し、応募できることが大事です。

もちろんサイトによって、地域に強いところもあります。

地域のことを考えて応募できるところ、応募した後の対応が良いところを探しつつ、仕事との兼ね合いを考えて医師転職を考えてください。

医師転職についての記事