医師転職ガイドイメージ

HOME 医師転職 寝当直の仕事に医師転職する

  1. 寝当直の仕事に医師転職する
  2. 多くの医師が行う医師転職について
  3. 医師転職、同じ消化器内科でも診療内容は違う
  4. 麻酔科の医師転職時に気をつけたいこと
  5. 成功させたい医師転職
  6. 医師転職の理由に向き合う

寝当直の仕事に医師転職する

医師の仕事はたびたび当直がある事で知られていますが、その中でも呼び出しが多い病院もあれば、あまり呼び出される事がない様な病院もあります。

呼び出しが少ない病院の当直を寝当直と呼ぶ事もあります。医師転職する際に、医師は寝当直の仕事を選ぶ事もあれば、呼び出しが多いハードな現場を選ぶ事もあります。

同じ当直がある職場に転職する場合でも、忙しさは大きく変わります。そして、その間に医師が得られる経験というのも変わってきます。

次々と呼び出しがある病院というのはきっと大変だと思いますが、きっと大きく飛躍する事ができるでしょう。

楽な職場だけではなくて、早くキャリアアップしたい人は、あえてハードな現場を選ぶのもいいでしょう。

多くの医師が行う医師転職について

今ではたくさんの医師が転職を行なっています。若い医師を中心に多くの医師が転職を行なっています。

診療科によっても差は多少ありますが、医師転職者が多く、就職しても数年で他の医療機関に移ってしまう医師が多い様です。

できるだけ安定した職場に就きたいと思っている医師は多い様ですが、景気の状況や病院の経営状況を考えると難しい事もあるようです。

医師転職する事はいいとか悪いとは一概に言う事はできません。あらゆる事を総合的に見て、良い場合もそうではない場合もあるでしょう。

医師転職、同じ消化器内科でも診療内容は違う

消化器内科と一口に言っても病院によって、診療内容は違います。A病院ではピロリ菌ばかりやっている、B病院は潰瘍性大腸炎や自己免疫疾患の消化器病変の患者さんが多いなどそれぞれの病院によって特徴があり、この疾患の患者さんは多いけどあの疾患の患者さんは少ない、などといった偏りはあります。

自分の研究したい疾患の患者さんが少ない場合は、医師転職を考えるのも1つの方法です。患者さんは医師を選べますが、医師は患者さんを選べないから仕方がない、と思っていませんか。

今一つやる気がおきなくて、毎日を惰性で暮らしていては勿体ないですよ。医師転職を決意したなら、天職だといえる研究や診療を行えるような医療機関を探しましょう。

医師転職が医師天職となることを応援します。

麻酔科の医師転職時に気をつけたいこと

麻酔科の医師転職について、麻酔科の医師は医師のなかでは珍しい、1日で完結することが多い職種です。基本的に手術前い患者と初めてあい患者さんの入室したあとからモニタリング、麻酔、必要に応じ、投薬を行います。

患者さんが退室したら、その患者さんの主治医が状態を管理するので仕事はここまでになります。

外科や、整形外科の手術のように何人かの医師で一つの手術を担当するのではありません。気をつけておきたいのは、1日単位での仕事、ひとりで対応できるという点で一匹狼になりやすいことです。

麻酔の医師転職に関して、医療機関のがわからすると必要なときだけ来てくれればよいと考えるかも知れません。

成功させたい医師転職

仕事環境を変えたい方や、新しい目的を探したい時に転職を検討する方は多く存在しているものです。

さらに医師転職の場合、どのように仕事探しを進めるかが、後悔しない転職活動にも繋がります。

キャリアのある方であれば、他の病院からのオファーなどがあるケースも見受けられるものの、そういった環境に置かれていない方にとっては、医師求人サイトなどの存在が活用できます。

医療業界に特化した内容のものも数多く、希望条件や検討している分野などを細かく絞り込みながら、新しい仕事を探し出すことができます。

更なるキャリアアップや収入増加も狙いたいものです。

産業医の求人を探すなら「産業医求人」で検索。

医師転職の理由に向き合う

医師転職をおこなうことにおいて、いくつか注意しなくてはいけません。一般的な仕事もそうですが、転職は何度もできるものではありませんので、求人先をしっかりと見極めて決めていくことです。

また、転職をする理由についてしっかりと向き合うことが大切で、それをおこなうことにより同じ様な理由で転職をおこなう可能性を低くすることができます。

そのような事情をしっかりと踏まえ、どのような目的で転職をおこなうのか明確化し、医師転職をおこなうことをおすすめします。

また、転職するにあたって、知り合いの医師や求人の医療サイトなどを利用していくことをおすすめします。

医師求人・転職についての記事